lines

LINEで予約

2018.11.06

痛み

立っていると「ふくらはぎが痛だるい.むくむ」原因は立ち方と姿勢!改善方法について

立っていると「ふくらはぎが痛だるい.むくむ」原因は立ち方と姿勢!改善方法について

立っていると、すぐにふくらはぎが辛く重だるくなってしまうことはありませんか?

また長時間立ち続けていると、むくんでパンパンになっていることも・・・。

これは、ふくらはぎをストレッチ・マッサージだけしても、なかなか改善できません。

なぜなら、立ち方(姿勢)に問題があることが多いからです。

今回は、ふくらはぎのだるさ、痛みと姿勢について、また改善方法についてお話していきたいと思います。

ふくらはぎってどんな筋肉?どんなときに働く筋肉なのか

そもそも、ふくらはぎってどんな筋肉なのでしょうか?簡単に説明します。

ふくらはぎは大きく下腿三頭筋、ヒラメ筋という筋肉に分けられます。

ふくらはぎの筋肉

この2つの筋肉は、筋肉単体の働きだと「足首を動かし、つま先を下に向ける動きをする筋肉」になります。

日常生活では、2つの作用に分けられ働き、身体の動きをサポートしているのです。
それは・・
①歩いてるとき、地面を蹴り前に進む役割
②立っているときのバランスをとる
働きです。

ふくらはぎが、立っていても痛だるくなってしまう原因は、立っているときのバランスに関係があります。

姿勢のバランスが、ふくらはぎに与える影響とは?悪い立ち方はつま先に体重がかかっているのが原因

姿勢のバランスが崩れてしまうと、ふくらはぎに負担がかかってしまいます。

それは、「つま先に体重がかかっている」状態です。

ふくらはぎ、疲れる原因

常にふくらはぎが働いている状態だと、使い過ぎでふくらはぎが酸欠状態になり「だるい・痛み・むくみ」の原因となる痛み物質が溜めてしまいます。

この状態が続けば、疲れてしまうのは容易に想像がつくと思います。

ではどのようにして、立つのが良いのでしょうか?

ふくらはぎふくらはぎがが辛く重だるくならない立ち方は、カカトに重心を置くのがポイント

ふくらはぎを必要以上に働かないようにするためには、「カカトに重心」を置いて立つことを意識しましょう。

ふくらはぎが疲れない立ち方

カカトに意識して立つことで、ふくらはぎの働きを最小限に抑えてくれます。

長時間立っていても、筋肉を使いすぎないため「だるい・痛い・むくむ」といった症状を抑えることができるのです。

なので、疲れないようにして立つには「カカトに重心」を置いて立つことを意識しましょう。

line予約画像

人気の記事

反り腰を改善するには腹筋下部を鍛えるのが効果的!筋トレで反り腰の骨格アライメントを改善する方法

反り腰を改善するには腹筋下部を鍛えるのが効果的!筋トレで反り腰の骨格アライメントを改善する方法

2018.12.15

反り腰の原因は腸腰筋(大腰筋)の固さにあった、改善方法やストレッチの注意点について

反り腰の原因は腸腰筋(大腰筋)の固さにあった、改善方法やストレッチの注意点について

2018.11.23

股関節を意識した、ふとももが太くなるor美脚になる階段の上り方

股関節を意識した、ふとももが太くなるor美脚になる階段の上り方

2018.07.03

右の腰が痛い、右腰からお尻・足の後ろが痛くなるのは座り方が原因?右腰痛のセフルケアと解決方法について

右の腰・お尻が痛い、右腰からお尻・ももの後ろが痛くなるのは座り方が原因?右腰痛のセフルケアと運動方法について

2018.12.03

長時間立っていると腰が痛い原因は??反り腰で腰が痛い

長時間立っていると腰が痛い原因は??反り腰で腰が痛い

2018.06.04